子犬が餌を残したときはどうすればいいの?

せっかく餌をあげたのに食べ残しをしたなら、体調が悪いのではないか、何か病気なのかも…、と心配ですよね。
でもそれ以外は元気にしていたり普段と変わらないのであればさほど気にする必要はないでしょう。
特に子犬の場合は、まだ消化器官が満足に発達していないこともあり一度にたくさんの餌を食べられないというのは珍しくありません。
ただドッグフードが食べづらくて残しているのであれば、きちんと対処すれば食べてくれるはずです。

ドッグフードをふやかす

食べづらくて残している場合には、フードをふやかすことで食べてくれるようになるかもしれません。
ドッグフードを水かぬるま湯でふやかせば軟かくなり食べやすくなります。
さらに、風味も増すので食欲が刺激されることでしょう。
ふやかし方は、水なら30分程度、ぬるま湯なら20分程度ドッグフードをつけておくだけ、つけた水やぬるま湯には栄養が溶け出しているのでそのまま食べさせましょう。
熱湯や電子レンジで加熱してふやかすと、フードの栄養素が熱で壊れてしまうのでNGです。
また、ふやかしたフードを残したなら、そのまま置いておくのは不衛生ですからすぐに捨てて入れ物を洗いましょう。

広告PR:カナガン ドッグフード 楽天

何度かに分けて与える

前述したように、子犬は一度に多くの餌を食べることができません。
したがって、何度かに分けて与えるほうがいいでしょう。
回数や時間帯は特に決まっていませんが、人間と同じく朝、昼、夜とある程度の間隔を空けたほうがお腹も空きますし消化器管への負担が軽減されやすくなります。
子犬が1日に摂取する好ましいエネルギー量があるので、その値を与える回数で割って1回ごとのフードの量を決めましょう。

このようにドッグフードの与え方を変えるだけで食べるようになることも多いのですが、それでも食べない場合は病気や体調不良、ストレスなどが原因の可能性もあるので、動物病院を受診してみることもおすすめします。

ドッグフードPR:モグワン アンケート

ランニング生活のメリットとは?