できたシミを消す本気で美白を考えているならこの化粧品ですよ♪

できたシミを本気で消そうとしている人へ。
選ぶ基準や効果がわからず、迷っているという人にもおすすめの化粧品を紹介します。

早め早めの対策や長期に渡って対策をしてこなかったシミを金輪際すべて除去しましょう。
シミという悩みを消して、美白の肌も同時に手に入れませんか。

化粧品を選ぶ基準について

できたシミを消すということを考える時にどんな基準で選びますか。
成分、効果、口コミなどいろいろあるとは思います。

成分については、シミを消すために強い成分を選んだりすることでしょう。
効果については、即効で効き目があり、すぐにシミがなくなるものを選びたいと誰でも思います。

口コミは、インターネットや商品の紹介ページを見れば、たくさんの情報を得ることができます。
しかし、一番の基準としては自分に合っているかどうかということです。

例えばダイエットにしてもたくさんのやり方はありますが、万人に共通して実感が得られる方法はありません。
体質やこれまでの積み重ねてきたもので、人それぞれ自分に合ったやり方があります。

肌のシミ対策も同じです。自分に合ったやり方や化粧品を使うことが一番の近道なのです。
いくらいい化粧品でも、自分の肌に合わなければ使用をやめるべきです。

いろんな商品を見て、入っている成分、得られる効果、使用した人の口コミを参考にして
選んだ後にトライアルなどで試してみることをおすすめします。

シミ 美容液 ランキング

予防ではなく、できたシミに対策を

最近の化粧品は、シミができないように事前の対策をする化粧品と、ピンポイントでできたシミを消す
改善効果を持った化粧品があります。

予防のものでは、すでにできているシミには効果は薄いので、取り除くのであれば改善効果のあるものを使う必要があります。

メラニンの排出について

シミができてそれが黒くなっているのは、メラニンが肌の中にあるからです。
よってメラニンを排出していけば、肌を白くすることができます。

新陳代謝を上げることはメラニンの排出に対してとても効果があるので
新陳代謝を上げる成分を配合している化粧品を選べば、シミを消すことに直結してきます。

シミに有効的な成分

肌のシミをとる為の成分としては、ハイドロキノンとビタミンC誘導体は一般的に知られていますが
他にも、皮膚内でハイドロキノンに変化し、低刺激のアルブチンや肌代謝を高め、メラニン排出の効果がある、L-システイン
メラニンの酸化を防ぎ、低刺激でシミを薄くするのに有効なルシノールやメラニン還元効果を持っており、シミを薄くするのに働くリノール酸などがあります。

ハイドロキノンは高い効果がありますが、強刺激なので敏感肌の人は低刺激のものを選んでいく必要があります。

おすすめの化粧品

できたシミを消す化粧品でおすすめのものをいくつか紹介していきます。

アンプルールの「ラグジュアリーホワイト」

ハイドロキノンを安定化させて配合した商品ですが、新安定型ハイドロキノンを使っているため
一般的な美白成分に比べて100倍ものパワーをもっている非常に優れたものとなっています。

メラニンの生成を抑え、メラニンを還元する効果も兼ね備えているため、できたシミにも効果的です。
広い範囲にあるような濃いシミにも力を発揮し、予防よりも改善のための化粧品です。

ビーグレンの「ホワイトケアプログラム」です。

これは、紫外線によるシミの色素沈着に対して美白の効果を与える化粧品です。

皮脂に近い成分になっており、美白成分を包み込んだ超微小カプセルが肌の中に長時間とどまり、安定した効果を発揮し続けるという特徴があります。
そして、他商品より高い浸透力と刺激を4分の1に軽減するので、敏感肌の人にも安心です。

濃くなったシミに対しても有効で、少量でも効果がでます。
1週間という短い期間で効果を実感したい人におすすめです。

POLAのホワイトショット

これは、美容雑誌のスキンケア部門、美白部門のランキングのトップを多数とっている商品です。

有効成分は、ルシノールとビタミンC誘導体を配合しています。
顔全体の美白ケアに使用できる商品で、表皮細胞に散らばったメラニンを減少させる作用を持つ美容液です。

くすみが顔全体にある人や、シミが全体的に広がっている人にも最適な商品です。

これには、クリームタイプもあり、シミの気になる部分に使用していくことができます。
過剰に作られたメラニンを分解する役目を果たすので、濃くなったシミの改善にも役に立ちます。

シミを取り除きつつ、美白の効果もあるので肌をきれいにしていく力があります。
全体的にクオリティーが高く安定した化粧品といえます。

これらのおすすめのできたシミを消す商品も決して万能ではありません。
まずは試してみるという考えをもたないといけません。
近年はほとんどの化粧品が人によっては合わない可能性もあるために、トライアルを用意しています。

最初はそのトライアルで効果を確認してみてから本格的に使用を開始することを推奨します。

【PR】
ビタフル・ビタシグ・ビタホンの効果は?徹底比較してみた!